銀歯・金歯は日本だけ?その理由

病気で歯を失った時の治療

金属に反応することがある

病気で歯がもう使えない状態だと判断したら、歯を抜きます。
代わりに金や銀で作られた歯を、埋め込むのが日本の一般的な治療です。
ですが海外では、金歯や銀歯を埋めて治療する国はあまり見られません。
その理由は、金属はアレルギーの危険性があるからです。
金属アレルギーの人は、金歯や銀歯を使用できないので他の方法で歯を治療します。
海外では、誰でも歯の治療できるよう、金属を使っていない素材が一般的です。

また、耐久性が低い部分も海外で使われていない理由です。
年数が経過すれば、金歯や銀歯が割れたり、壊れたりしてしまいます。
耐久性に不安があるので、海外ではあまり使われていないようです。
割れたり壊れたりしたら、すぐ歯医者に行って交換してもらわなければいけません。
頻繁に歯医者に行くのは面倒ですし、お金も掛かります。
海外では患者からも人気がないので、使わない歯医者が多いです。

金歯や銀歯の代わりに、セラミックを使っている歯医者が海外にたくさんあります。
アレルギーの心配はありませんし、耐久性も優れているので金歯や銀歯の問題点を解消しています。
日本でも、金歯や銀歯の代わりにセラミックを使う歯医者が増えてきました。
それほど価格も高額ではないので、誰でも選択しやすいと思います。
またセラミックは、色が白い面も魅力です。
元から生えている歯のように見えるので、目立つことはありません。
金歯や銀歯が目立って嫌だという人も選択しています。

金歯や銀歯を埋め込む治療

何も異常が起こらない人は、金歯や銀歯を使用できます。 しかし中にはアレルギーの反応が起こる人がいるので、気をつけて身体を観察してください。 アレルギーが起こりやすいので、海外では使用していない歯医者が多いです。 金属アレルギーの人は、どんな症状が出るのか知りましょう。

金歯や銀歯が壊れるケース

金早銀歯は、耐久性が低いと言われるので、日本以外の国ではほとんど使われていません。 時間が経過すれば壊れることがあるので、危険です。 壊れた状態のままにしておくと、バイ菌が内部に侵入するので病気を引き起こす原因になります。 もし壊れたら、早く治療しなければいけません。

セラミックを海外使っている

デメリットが多いので、金歯や銀歯を使っている歯医者は少ないです。 海外では代わりに、セラミックという素材を使っている傾向が見られます。 金歯や銀歯の問題点を解消できるので、安心して患者さんに治療できます。 日本でも、セラミックを使える歯医者が増えました。

▲ ページトップへ戻る