銀歯・金歯は日本だけ?その理由

病気で歯を失った時の治療

金歯や銀歯を埋め込む治療

反応が起こったらすぐ相談する

日本では歯の治療に、当たり前のように金歯や銀歯が使われます。
しかし金歯や銀歯を使っているのは、日本以外にあまり見られないと知っていたでしょうか。
それは、金属アレルギーの心配があるからです。
日本でもアレルギーの反応が起こったら、医師に相談することで適切な処置をしてくれます。
他の金属は問題なくても、歯の治療をしたら身体に異常が見られるというケースが起こっています。

海外では、国で金歯や銀歯を使うことを禁止しているところもあります。
日本ではまだ禁止されていないので、治療で使用できます。
しかしアレルギーの可能性があると忘れないで、自分の体調に気を配ってください。
少しでも異変が見られたら、治療した歯医者に行きましょう。

どんな反応が見られるのか

仮にアレルギーの反応が起こっても、すぐ処置すれば症状を最小限で抑えることができます。
口内に歯を埋め込んだことが原因なので、異変は口内に見られると思っている人が多いです。
しかし実際は、手や口の周り、おなかなどの皮膚に湿疹が見られます。
最初は金属アレルギーと気づかなくて、他の方法で治療してしまう人がいます。

それが、症状が大きくなってしまう原因です。
金歯や銀歯を埋め込んだあとに異変が見られたなら、それが原因だと思ってください。
日本の歯医者では、金属アレルギーの人向けに別の治療方法も開発されています。
アレルギーが起こったら、すぐ対処することが大事です。
少し時間が経過してから、反応が起こるケースもあります。

▲ ページトップへ戻る