銀歯・金歯は日本だけ?その理由

病気で歯を失った時の治療

金歯や銀歯が壊れるケース

素材の耐久性を調べよう

アレルギーの問題もありますが、耐久性が低いので使っていない歯医者が海外で多く見られます。
歯の治療をする時に使用する素材はいくつかありますが、金歯や銀歯はその中でも耐久性が低いと言われています。
埋め込んでいる金歯や銀歯が壊れたら、患者さんが困ります。
海外では一般的に耐久性が低いことが知れ渡っているので、患者さんから金歯や銀歯は嫌だと申し出るケースもあります。

そこで、別の耐久性の強い素材を使われています。
治療をした直後は壊れる心配はないでしょうが、年数が経過するとどうしても脆く壊れやすくなります。
日本で金歯や銀歯を埋め込んだ際は、壊れていないか常に確認することが重要です。
異変が起こったら、すぐ医師に相談しましょう。

壊れている歯を放置しない

ほんの少し金歯や銀歯が欠けているぐらいだったら、放置していてもいいと思ってしまう人が見られます。
しかし欠けていると、その部分に穴が開きます。
バイ菌が侵入して、病気を発症する危険性があるので、すぐに治療しなければいけません。
年数が経過したり、固いものを噛んだ時に金歯や銀歯が壊れやすいと言われています。

デリケートなので、扱いは慎重にしてください。
他の素材であれば、耐久性が高いのでそこまで心配する必要はないと言われています。
海外を見習って、日本でも耐久性の強い素材を使って、歯の治療を進める歯医者が多くなりました。
どのような素材が、海外で使われているのか調べてもいいですね。
それを選択できる歯医者に行きましょう。

▲ ページトップへ戻る