銀歯・金歯は日本だけ?その理由

病気で歯を失った時の治療

セラミックを海外使っている

丈夫なセラミックがいい

まず、セラミックには金属が使われていません。
ですから金属アレルギーで、金歯や銀歯が使用できない人の治療で使われています。
海外では、誰でも歯の治療ができるようにセラミックを使うのが主流です。
耐久性が優れている面も嬉しいですね。
固いものを噛んでも、金歯や銀歯のようにすぐ壊れることはありません。

埋め込んでいる歯が壊れたら、病院へ行かなければいけません。
処置してもらう時は、費用が発生します。
何度も費用が発生するのは、嫌ですよね。
セラミックなら1回治療すれば、しばらく壊れないので安心です。
これまで歯の治療と言ったら、金歯や銀歯をイメージしていた人が多いでしょう。
しかしこれからは、セラミックを選択してもいいと思います。

目立たないことが魅力

金歯や銀歯は口内にあると目立つので、抵抗を感じている人が多いです。
そのことも含め、海外では普及していません。
セラミックは、白いので口内にあっても違和感を抱かない部分がメリットです。
見た目が気になるなら、セラミックを使ってください。
セラミックは、金歯や銀歯を使った時に比べて料金が高いと思っている人が見られます。

従来はそうでしたが、最近は日本でもセラミックを選択する人が増えてきたので、誰でも使用できるよう料金が下がっています。
興味がある人は、歯医者でセラミックにできないか聞いてください。
地方ではまだセラミックが普及していないので、扱っている歯医者を見つけるのに時間が掛かるかもしれません。
じっくり探しましょう。

▲ ページトップへ戻る